ネタはまだ考えてはいない

ムーディ勝山、今の心境語る

数年前「右から来たものを左へ受け流す歌」で大ブレークしたお笑い芸人の
ムーディ勝山さんにブレイク後の近況インタビューした様子がニュースに出ていました。

一発屋芸人と言われる芸人さんは何かと苦労が多いイメージがありますが、ムーディさんは
どのような心境だったのでしょうか?

当時着うたダウンロードも200万件を超える数で、紅白歌合戦にも出場を果たしていました。
しかし翌年には仕事が激減し、その後の仕事というと、地方でのレギュラーや他の一発屋芸人と
言われる方と共に、「再生可能ボーイズ」を結成していました。

仕事がない時は週5、それより少ないと一ヶ月以上もない日もあったようです。
ダンディ坂野さんと間違われることもよくあったそうです。

地方だとムーディさんを知る人がまだいるようで、地方でもっと仕事がしたいと語っていました。
次のネタはまだ考えてはいないようですが、また復活できるように頑張って欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>